万葉集 第19巻 4290番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4290番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4290番歌

第19巻
歌番号 4290番歌
作者 大伴家持
題詞 廿三日依興作歌二首
原文 春野尓 霞多奈i伎 宇良悲 許能暮影尓 鴬奈久母
訓読 春の野に霞たなびきうら悲しこの夕影に鴬鳴くも
かな はるののに かすみたなびき うらがなし このゆふかげに うぐひすなくも
英語(ローマ字) HARUNONONI KASUMITANABIKI URAGANASHI KONOYUFUKAGENI UGUHISUNAKUMO
春の野に霞がたなびいていて、うら悲しい。この夕ぐれどきに鴬が鳴いている。
左注
校異
用語 天平勝宝5年2月23日、年紀、作者:大伴家持、動物、春愁、叙景、依興、悲嘆
タイトルとURLをコピーしました