万葉集 第19巻 4253番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4253番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4253番歌

第19巻
歌番号 4253番歌
作者 大伴家持
題詞 大伴宿祢家持和歌一首
原文 立而居而 待登待可祢 伊泥C来之 君尓於是相 挿頭都流波疑
訓読 立ちて居て待てど待ちかね出でて来し君にここに逢ひかざしつる萩
かな たちてゐて まてどまちかね いでてこし きみにここにあひ かざしつるはぎ
英語(ローマ字) TACHITEゐTE MATEDOMACHIKANE IDETEKOSHI KIMINIKOKONIAHI KAZASHITSURUHAGI
立ったり座ったりして待っていたけど待ちきれずにいたところ、池主の家から出てきた貴君にここで遇えた。髪にかざした萩が美しい。
左注
校異
用語 天平勝宝3年8月5日、年紀、作者:大伴家持、植物、大伴池主、久米広縄、福井、武生、羈旅、悲別、離別
タイトルとURLをコピーしました