万葉集 第19巻 4217番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4217番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4217番歌

第19巻
歌番号 4217番歌
作者 大伴家持
題詞 霖雨へ日作歌一首
原文 宇能花乎 令腐霖雨之 始水<邇> 縁木積成 将因兒毛我母
訓読 卯の花を腐す長雨の始水に寄る木屑なす寄らむ子もがも
かな うのはなを くたすながめの みづはなに よるこつみなす よらむこもがも
英語(ローマ字) UNOHANAWO KUTASUNAGAMENO MIDUHANANI YORUKOTSUMINASU YORAMUKOMOGAMO
卯の花を腐らせる長雨の後の川の水、両側に木屑を寄せたように美しい水、そんな女性がいたらなあ。
左注 (右二首五月)
校異 逝 邇 [代匠記初稿本]
用語 天平勝宝2年5月、年紀、作者:大伴家持、植物、序詞、恋情、鬱屈、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました