万葉集 第19巻 4292番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4292番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4292番歌

第19巻
歌番号 4292番歌
作者 大伴家持
題詞 廿五日作歌一首
原文 宇良々々尓 照流春日尓 比婆理安我里 情悲毛 比<登>里志於母倍婆
訓読 うらうらに照れる春日にひばり上がり心悲しも独し思へば
かな うらうらに てれるはるひに ひばりあがり こころかなしも ひとりしおもへば
英語(ローマ字) URAURANI TERERUHARUHINI HIBARIAGARI KOKOROKANASHIMO HITORISHIOMOHEBA
ぼんやりと霞んだ中に照っている春の日に、ヒバリが舞い上がりもの悲しい、こうしてひとり居てもの思いにふけっていると。
左注 春日遅々ネノ正啼 悽惆之意非歌難撥耳 仍作此歌式展締緒 但此巻中不稱 作者名字徒録年月所處縁起者 皆大伴宿祢家持裁作歌詞也
校異 等 登 [元][類][文][紀]
用語 天平勝宝5年2月25日、年紀、作者:大伴家持、悲嘆、春愁、動物、孤独

解説

題詞は「廿五日に作った歌」とあり、「廿」は20という意味。

「うらうらに」は「ぼんやりと霞んだ」。大伴家持の有名な歌。

左注は「春はまだ遠しとは言えども、ウグイスやヒバリは鳴(啼)いている。傷んだ心は歌でなければ払いがたい。よってここに歌を作り、結ばった心をのべた。ただこの巻の中で、作者名をのべず、年月、場所、由来のみを記した歌は、皆、大伴宿禰家持が作った歌である」とある。

タイトルとURLをコピーしました