万葉集 第19巻 4237番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4237番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4237番歌

第19巻
歌番号 4237番歌
作者 作者不詳
題詞 (悲傷死妻歌一首[并短歌] [作主未詳])反歌一首
原文 寤尓等 念C之可毛 夢耳尓 手本巻<寐>等 見者須便奈之
訓読 うつつにと思ひてしかも夢のみに手本巻き寝と見ればすべなし
かな うつつにと おもひてしかも いめのみに たもとまきぬと みればすべなし
英語(ローマ字) UTSUTSUNITO OMOHITESHIKAMO IMENOMINI TAMOTOMAKINUTO MIREBASUBENASHI
現実だと思いたい。手枕をしていることを。が、実際には夢の中だけだと思うとやりきれない。
左注 右二首傳誦遊行女婦蒲生是也
校異 寤 寐 [元][文][古]
用語 天平勝宝3年1月3日、年紀、挽歌、悲別、亡妻挽歌、伝誦、古歌、遊行女婦蒲生、宴席、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました