万葉集 第19巻 4236番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4236番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4236番歌

第19巻
歌番号 4236番歌
作者 作者不詳
題詞 悲傷死妻歌一首[并短歌] [作主未詳]
原文 天地之 神者<无>可礼也 愛 吾妻離流 光神 鳴波多D嬬 携手 共将有等 念之尓 情違奴 将言為便 将作為便不知尓 木綿手次 肩尓取<挂> 倭<文>幣乎 手尓取持C 勿令離等 和礼波雖祷 巻而寐之 妹之手本者 雲尓多奈妣久
訓読 天地の 神はなかれや 愛しき 我が妻離る 光る神 鳴りはた娘子 携はり ともにあらむと 思ひしに 心違ひぬ 言はむすべ 為むすべ知らに 木綿たすき 肩に取り懸け 倭文幣を 手に取り持ちて な放けそと 我れは祈れど 枕きて寝し 妹が手本は 雲にたなびく
かな あめつちの かみはなかれや うつくしき わがつまさかる ひかるかみ なりはたをとめ たづさはり ともにあらむと おもひしに こころたがひぬ いはむすべ せむすべしらに ゆふたすき かたにとりかけ しつぬさを てにとりもちて なさけそと われはいのれど まきてねし いもがたもとは くもにたなびく
英語(ローマ字) AMETSUCHINO KAMIHANAKAREYA UTSUKUSHIKI WAGATSUMASAKARU HIKARUKAMI NARIHATAWOTOME TADUSAHARI TOMONIARAMUTO OMOHISHINI KOKOROTAGAHINU IHAMUSUBE SEMUSUBESHIRANI YUFUTASUKI KATANITORIKAKE SHITSUNUSAWO TENITORIMOCHITE NASAKESOTO WAREHAINOREDO MAKITENESHI IMOGATAMOTOHA KUMONITANABIKU
天地に神はいないのだろうか。愛しい我が妻は死んでしまった。光る雷神の鳴波多郷の娘子、手を携えて共に暮らしていこうと思っていたのに、思いははずれてしまった。物言う術も為す術も分からない。木綿のたすきを肩に取り結び、神に捧げる倭文(しづ)織りの幣(ぬさ)を手に取り持って、私たち二人を引き離さないで下さいと一心に祈る。けれども、手枕をして取ったあの子の腕は、ああ、雲にたなびいている。
左注 (右二首傳誦遊行女婦蒲生是也)
校異 無 无 [元][類] / 掛 挂 [元][類][文][紀] / 父 文 [元][類]
用語 天平勝宝3年1月3日、年紀、挽歌、悲別、亡妻挽歌、伝誦、古歌、遊行女婦蒲生、宴席、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました