万葉集 第19巻 4235番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4235番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4235番歌

第19巻
歌番号 4235番歌
作者 縣犬養三千代
題詞 太上大臣藤原家之縣犬養命婦奉天皇歌一首
原文 天雲乎 富呂尓布美安太之 鳴神毛 今日尓益而 可之古家米也母
訓読 天雲をほろに踏みあだし鳴る神も今日にまさりて畏けめやも
かな あまくもを ほろにふみあだし なるかみも けふにまさりて かしこけめやも
英語(ローマ字) AMAKUMOWO HORONIFUMIADASHI NARUKAMIMO KEFUNIMASARITE KASHIKOKEMEYAMO
天雲をぼろぼろに踏み荒らして鳴り響く雷神も今日ばかりは天皇のお嘆きにはかなうまい。
左注 右一首傳誦<掾>久米朝臣廣縄也
校異 様 掾 [元][文][紀]
用語 天平勝宝3年1月3日、年紀、作者:縣犬養三千代、古歌、伝誦、久米広縄、聖武天皇、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました