万葉集 第19巻 4257番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4257番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4257番歌

第19巻
歌番号 4257番歌
作者 作者不詳
題詞 十月廿二日於左大辨紀飯麻呂朝臣家宴歌三首
原文 手束弓 手尓取持而 朝猟尓 君者立<之>奴 多奈久良能野尓
訓読 手束弓手に取り持ちて朝狩りに君は立たしぬ棚倉の野に
かな たつかゆみ てにとりもちて あさがりに きみはたたしぬ たなくらののに
英語(ローマ字) TATSUKAYUMI TENITORIMOCHITE ASAGARINI KIMIHATATASHINU TANAKURANONONI
手束弓、手に取り持って朝の狩りに主君はお立ちになっている棚倉(たなくら)の野に。
左注 右一首治部卿船王傳誦之 久邇京都時歌 [未詳作<主>也]
校異 去 之 [元][類] / 至 主 [元][文][紀]
用語 天平勝宝3年10月22日、年紀、宴席、古歌、伝誦、船王、狩猟、大君、久邇京、天平13年
タイトルとURLをコピーしました