万葉集 第19巻 4238番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4238番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4238番歌

第19巻
歌番号 4238番歌
作者 大伴家持
題詞 二月二日會集于守舘宴作歌一首
原文 君之徃 若久尓有婆 梅柳 誰与共可 吾縵可牟
訓読 君が行きもし久にあらば梅柳誰れとともにか我がかづらかむ
かな きみがゆき もしひさにあらば うめやなぎ たれとともにか わがかづらかむ
英語(ローマ字) KIMIGAYUKI MOSHIHISANIARABA UMEYANAGI TARETOTOMONIKA WAGAKADURAKAMU
貴君が旅だって長くなったら、梅や柳の季節になったら私は誰と一緒にそれらを髪飾りにして楽しんだらいいのだろう。
左注 右判官久米朝臣廣縄以正税帳應入京師 仍守大伴宿祢家持作此歌也 但越中風土梅花柳絮三月初咲耳
校異
用語 天平勝宝3年2月2日、年紀、作者:大伴家持、宴席、植物、餞別、旅立ち、出発、久米広縄、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました