万葉集 第19巻 4273番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4273番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4273番歌

第19巻
歌番号 4273番歌
作者 巨勢奈弖麻呂
題詞 廿五日新甞會肆宴應詔歌六首
原文 天地与 相左可延牟等 大宮乎 都可倍麻都礼婆 貴久宇礼之伎
訓読 天地と相栄えむと大宮を仕へまつれば貴く嬉しき
かな あめつちと あひさかえむと おほみやを つかへまつれば たふとくうれしき
英語(ローマ字) AMETSUCHITO AHISAKAEMUTO OHOMIYAWO TSUKAHEMATSUREBA TAFUTOKUURESHIKI
天地と共に相栄えていくに相違ない、この大宮に仕えまつると思えば、尊く嬉しいことでございます。
左注 右一首大納言巨勢朝臣
校異
用語 天平勝宝4年11月25日、年紀、作者:巨勢奈弖麻呂、肆宴、宴席、応詔、大君讃美、寿歌、新嘗祭
タイトルとURLをコピーしました