万葉集 第19巻 4141番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4141番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4141番歌

第19巻
歌番号 4141番歌
作者 大伴家持
題詞 見飜翔鴫作歌一首
原文 春儲而 <物>悲尓 三更而 羽振鳴志藝 誰田尓加須牟
訓読 春まけてもの悲しきにさ夜更けて羽振き鳴く鴫誰が田にか住む
かな はるまけて ものがなしきに さよふけて はぶきなくしぎ たがたにかすむ
英語(ローマ字) HARUMAKETE MONOGANASHIKINI SAYOFUKETE HABUKINAKUSHIGI TAGATANIKASUMU
春をまちかねてものがなしい今宵が更けてきて、羽ばたきつつ鳴くシギは誰の田に住むシギだろう。
左注
校異 <> 物 [西(右書)][元][類][紀]
用語 天平勝宝2年3月1日、年紀、作者:大伴家持、動物、望郷、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました