万葉集 第19巻 4283番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4283番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4283番歌

第19巻
歌番号 4283番歌
作者 茨田王
題詞 (五年正月四日於治部少輔石上朝臣宅嗣家宴歌三首)
原文 梅花 開有之中尓 布敷賣流波 戀哉許母礼留 雪乎持等可
訓読 梅の花咲けるが中にふふめるは恋か隠れる雪を待つとか
かな うめのはな さけるがなかに ふふめるは こひかこもれる ゆきをまつとか
英語(ローマ字) UMENOHANA SAKERUGANAKANI FUFUMERUHA KOHIKAKOMORERU YUKIWOMATSUTOKA
梅の花が咲いている中にも蕾みのままのものがあるけれど、恋が隠れているのでしょうか、それとも雪を待っているのでしょうか。
左注 右一首中務大輔茨田王
校異
用語 天平勝宝5年1月4日、年紀、作者:茨田王、宴席、植物、恋愛、見立て、譬喩、石上宅嗣
タイトルとURLをコピーしました