万葉集 第19巻 4163番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4163番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4163番歌

第19巻
歌番号 4163番歌
作者 大伴家持
題詞 豫作七夕歌一首
原文 妹之袖 我礼枕可牟 河湍尓 霧多知和多礼 左欲布氣奴刀尓
訓読 妹が袖我れ枕かむ川の瀬に霧立ちわたれさ夜更けぬとに
かな いもがそで われまくらかむ かはのせに きりたちわたれ さよふけぬとに
英語(ローマ字) IMOGASODE WAREMAKURAKAMU KAHANOSENI KIRITACHIWATARE SAYOFUKENUTONI
妻の着物の袖を枕にして寝たい。世の更けない内に、川の瀬に霧よ立ちわたっておくれ。二人だけの密事があるから。
左注
校異
用語 天平勝宝2年3月、年紀、作者:大伴家持、予作、七夕、儲作、富山、高岡
タイトルとURLをコピーしました