万葉集 第19巻 4148番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4148番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4148番歌

第19巻
歌番号 4148番歌
作者 大伴家持
題詞 聞暁鳴雉歌二首
原文 椙野尓 左乎騰流雉 灼然 啼尓之毛将哭 己母利豆麻可母
訓読 杉の野にさ躍る雉いちしろく音にしも泣かむ隠り妻かも
かな すぎののに さをどるきぎし いちしろく ねにしもなかむ こもりづまかも
英語(ローマ字) SUGINONONI SAWODORUKIGISHI ICHISHIROKU NENISHIMONAKAMU KOMORIDUMAKAMO
杉木立の野に飛びはね騒ぐ雉のくっきりした鳴き声。その雉のように、お前は泣かずにいられない、隠れ妻なのか。
左注
校異
用語 天平勝宝2年3月2日、年紀、作者:大伴家持、動物、恋情
タイトルとURLをコピーしました