万葉集 第19巻 4149番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4149番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4149番歌

第19巻
歌番号 4149番歌
作者 大伴家持
題詞 (聞暁鳴雉歌二首)
原文 足引之 八峯之雉 鳴響 朝開之霞 見者可奈之母
訓読 あしひきの八つ峰の雉鳴き響む朝明の霞見れば悲しも
かな あしひきの やつをのきぎし なきとよむ あさけのかすみ みればかなしも
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YATSUWONOKIGISHI NAKITOYOMU ASAKENOKASUMI MIREBAKANASHIMO
あちこちの峰で雉が鳴き立てている。朝明けの霞を見ているともの悲しくなる。
左注
校異
用語 天平勝宝2年3月2日、年紀、作者:大伴家持、動物、叙景、枕詞
タイトルとURLをコピーしました