万葉集 第19巻 4150番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4150番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4150番歌

第19巻
歌番号 4150番歌
作者 大伴家持
題詞 遥聞泝江船人之唱歌一首
原文 朝床尓 聞者遥之 射水河 朝己藝思都追 唱船人
訓読 朝床に聞けば遥けし射水川朝漕ぎしつつ唄ふ舟人
かな あさとこに きけばはるけし いみづかは あさこぎしつつ うたふふなびと
英語(ローマ字) ASATOKONI KIKEBAHARUKESHI IMIDUKAHA ASAKOGISHITSUTSU UTAFUFUNABITO
朝床にいて聞こえるのは、遙か射水川を遡った所を漕ぎながら唄う舟人の声。
左注
校異
用語 天平勝宝2年3月2日、年紀、作者:大伴家持、叙景、地名、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました