万葉集 第19巻 4151番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4151番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4151番歌

第19巻
歌番号 4151番歌
作者 大伴家持
題詞 三日守大伴宿祢家持之舘宴歌三首
原文 今日之為等 思標之 足引乃 峯上之櫻 如此開尓家里
訓読 今日のためと思ひて標しあしひきの峰の上の桜かく咲きにけり
かな けふのためと おもひてしめし あしひきの をのへのさくら かくさきにけり
英語(ローマ字) KEFUNOTAMETO OMOHITESHIMESHI ASHIHIKINO WONOHENOSAKURA KAKUSAKINIKERI
宴を開く今日のためと思って目星をつけておいた峰の上の、あの桜がこのように咲いてくれた。
左注
校異 思標 [元][類] 標
用語 天平勝宝2年3月3日、年紀、作者:大伴家持、枕詞、植物、宴席、高岡、富山、上巳
タイトルとURLをコピーしました