万葉集 第19巻 4176番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4176番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4176番歌

第19巻
歌番号 4176番歌
作者 大伴家持
題詞 (詠霍公鳥二首)
原文 我門従 喧過度 霍公鳥 伊夜奈都可之久 雖聞飽不足 [毛能波C尓乎六箇辞闕之]
訓読 我が門ゆ鳴き過ぎ渡る霍公鳥いやなつかしく聞けど飽き足らず [毛能波C尓乎六箇辞闕之]
かな わがかどゆ なきすぎわたる ほととぎす いやなつかしく きけどあきたらず
英語(ローマ字) WAGAKADOYU NAKISUGIWATARU HOTOTOGISU IYANATSUKASHIKU KIKEDOAKITARAZU
我が家の門を鳴きながら通りすぎてゆくホトトギス。本当に懐かしく、聞いても聞いてもきき足りない。
左注
校異
用語 天平勝宝2、年紀、作者:大伴家持、恋情、動物、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました