万葉集 第19巻 4171番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4171番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4171番歌

第19巻
歌番号 4171番歌
作者 大伴家持
題詞 廿四日應立夏四月節也 因此廿三日之暮忽思霍公鳥暁喧聲作歌二首
原文 常人毛 起都追聞曽 霍公鳥 此暁尓 来喧始音
訓読 常人も起きつつ聞くぞ霍公鳥この暁に来鳴く初声
かな つねひとも おきつつきくぞ ほととぎす このあかときに きなくはつこゑ
英語(ローマ字) TSUNEHITOMO OKITSUTSUKIKUZO HOTOTOGISU KONOAKATOKINI KINAKUHATSUKOゑ
世間の人々も目を覚まし聞くというではないか。ホトトギスがやって来て暁に鳴く、その初声を。
左注
校異
用語 天平勝宝2年3月23日、年紀、作者:大伴家持、動物、季節、高岡、富山、立夏
タイトルとURLをコピーしました