万葉集 第19巻 4172番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4172番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4172番歌

第19巻
歌番号 4172番歌
作者 大伴家持
題詞 (廿四日應立夏四月節也 因此廿三日之暮忽思霍公鳥暁喧聲作歌二首)
原文 霍公鳥 来<喧>響者 草等良牟 花橘乎 屋戸尓波不殖而
訓読 霍公鳥来鳴き響めば草取らむ花橘を宿には植ゑずて
かな ほととぎす きなきとよめば くさとらむ はなたちばなを やどにはうゑずて
英語(ローマ字) HOTOTOGISU KINAKITOYOMEBA KUSATORAMU HANATACHIBANAWO YADONIHAUゑZUTE
ホトトギス、来て鳴き響くようになったら、田の草を取りに野に出て聞こう。家の庭に花橘を植えるまでもなく。
左注
校異 鳴 喧 [元][類]
用語 天平勝宝2年3月23日、年紀、作者:大伴家持、動物、植物、高岡、富山、立夏
タイトルとURLをコピーしました