万葉集 第19巻 4266番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4266番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4266番歌

第19巻
歌番号 4266番歌
作者 大伴家持
題詞 為應詔儲作歌一首[并短歌]
原文 安之比奇能 八峯能宇倍能 都我能木能 伊也継々尓 松根能 絶事奈久 青丹余志 奈良能京師尓 万代尓 國所知等 安美知之 吾大皇乃 神奈我良 於母保之賣志弖 豊宴 見為今日者 毛能乃布能 八十伴雄能 嶋山尓 安可流橘 宇受尓指 紐解放而 千年保伎 <保>吉等餘毛之 恵良々々尓 仕奉乎 見之貴者
訓読 あしひきの 八つ峰の上の 栂の木の いや継ぎ継ぎに 松が根の 絶ゆることなく あをによし 奈良の都に 万代に 国知らさむと やすみしし 我が大君の 神ながら 思ほしめして 豊の宴 見す今日の日は もののふの 八十伴の男の 島山に 赤る橘 うずに刺し 紐解き放けて 千年寿き 寿き響もし ゑらゑらに 仕へまつるを 見るが貴さ
かな あしひきの やつをのうへの つがのきの いやつぎつぎに まつがねの たゆることなく あをによし ならのみやこに よろづよに くにしらさむと やすみしし わがおほきみの かむながら おもほしめして とよのあかり めすけふのひは もののふの やそとものをの しまやまに あかるたちばな うずにさし ひもときさけて ちとせほき ほきとよもし ゑらゑらに つかへまつるを みるがたふとさ
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YATSUWONOUHENO TSUGANOKINO IYATSUGITSUGINI MATSUGANENO TAYURUKOTONAKU AWONIYOSHI NARANOMIYAKONI YORODUYONI KUNISHIRASAMUTO YASUMISHISHI WAGAOHOKIMINO KAMUNAGARA OMOHOSHIMESHITE TOYONOAKARI MESUKEFUNOHIHA MONONOFUNO YASOTOMONOWONO SHIMAYAMANI AKARUTACHIBANA UZUNISASHI HIMOTOKISAKETE CHITOSEHOKI HOKITOYOMOSHI ゑRAゑRANI TSUKAHEMATSURUWO MIRUGATAFUTOSA
多くの峰々に林立する栂(つが)の木のように、いよいよ次々に栄える松の根ではないが、絶えることがない、美しい奈良の都においでになって、いついつまでも国をお治めになる我が大君。神のおぼしめしを得てお開きになる豊のあかり(宴会)たる今日という日。もろもろの文武百官が庭の築山に赤く輝く橘を髪に刺し、 着物の紐を解きはなって、千年を寿(ことほ)いで、くつろぎ騒ぎ、笑いさざめいてお仕え申し上げる様を目にすると、本当に尊いことよ。
左注 (右二首大伴宿祢家持作之)
校異 保伎 保 [元]
用語 天平勝宝4年、年紀、作者:大伴家持、儲作、予作、応詔、儀礼歌、枕詞、地名、大君讃美、寿歌
タイトルとURLをコピーしました