万葉集 第19巻 4243番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4243番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4243番歌

第19巻
歌番号 4243番歌
作者 丹比土作
題詞 民部少輔丹治<比>真人土作歌一首
原文 住吉尓 伊都久祝之 神言等 行得毛来等毛 舶波早家<无>
訓読 住吉に斎く祝が神言と行くとも来とも船は早けむ
かな すみのえに いつくはふりが かむごとと ゆくともくとも ふねははやけむ
英語(ローマ字) SUMINOENI ITSUKUHAFURIGA KAMUGOTOTO YUKUTOMOKUTOMO FUNEHAHAYAKEMU
住吉神社に奉仕する神官が聞いた神のお告げによると、行きも帰りも船はすいすいと進むでしょう。
左注 (右件歌者傳誦之人越中大目高安倉人種麻呂是也 但年月次者随聞之時載於此焉)
校異 <> 比 [代匠記精撰本] / 無 无 [元][類]
用語 天平5年、年紀、作者:丹比土作、伝誦、遣唐使、高安種麻呂、餞別、宴席、高岡、富山、天平勝宝3年
タイトルとURLをコピーしました