万葉集 第19巻 4242番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4242番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4242番歌

第19巻
歌番号4242番歌
作者藤原仲麻呂
題詞大納言藤原家餞之入唐使等宴日歌一首 [即主人卿作之]
原文天雲乃 去還奈牟 毛能由恵尓 念曽吾為流 別悲美
訓読天雲の行き帰りなむものゆゑに思ひぞ我がする別れ悲しみ
かなあまくもの ゆきかへりなむ ものゆゑに おもひぞわがする わかれかなしみ
英語(ローマ字)AMAKUMONO YUKIKAHERINAMU MONOYUゑNI OMOHIZOWAGASURU WAKAREKANASHIMI
天雲が高い大空を行って帰って来るような遠い遠い旅路と私には思われる。別れが悲しくて辛い。
左注(右件歌者傳誦之人越中大目高安倉人種麻呂是也 但年月次者随聞之時載於此焉)
校異
用語天平5年、年紀、作者:藤原仲麻呂、宴席、餞別、出発、羈旅、遣唐使、悲別、伝誦、高安種麻呂、高岡、富山、天平勝宝3年
タイトルとURLをコピーしました