万葉集 第19巻 4228番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4228番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4228番歌

第19巻
歌番号 4228番歌
作者 三形沙弥
題詞 反歌一首
原文 有都々毛 御見多麻波牟曽 大殿乃 此母等保里能 雪奈布美曽祢
訓読 ありつつも見したまはむぞ大殿のこの廻りの雪な踏みそね
かな ありつつも めしたまはむぞ おほとのの このもとほりの ゆきなふみそね
英語(ローマ字) ARITSUTSUMO MESHITAMAHAMUZO OHOTONONO KONOMOTOHORINO YUKINAFUMISONE
あるがままにご覧になられるぞ、この邸宅のまわりの雪を。この雪を踏んではならない。
左注 右二首歌者三形沙弥承贈左大臣藤原北卿之語作誦之也 聞之傳者笠朝臣子君 復後傳讀者越中國<掾>久米朝臣廣縄是也
校異 作 [元] 依 / 様 掾 [元][文][紀]
用語 天平勝宝2年、年紀、作者:三形沙弥、藤原房前、笠子君、久米広縄、伝誦、予祝、寿歌、宮廷、高岡、富山、古歌
タイトルとURLをコピーしました