万葉集 第19巻 4234番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4234番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4234番歌

第19巻
歌番号 4234番歌
作者 大伴家持
題詞 守大伴宿祢家持和歌一首
原文 鳴鶏者 弥及鳴杼 落雪之 千重尓積許曽 吾等立可C祢
訓読 鳴く鶏はいやしき鳴けど降る雪の千重に積めこそ我が立ちかてね
かな なくとりは いやしきなけど ふるゆきの ちへにつめこそ わがたちかてね
英語(ローマ字) NAKUTORIHA IYASHIKINAKEDO FURUYUKINO CHIHENITSUMEKOSO WAGATACHIKATENE
鶏はしきりに鳴いて夜明けを告げていますが、降る雪が幾重にも積もってきたので、席を立ちかねているのです。
左注
校異
用語 天平勝宝3年1月3日、年紀、作者:大伴家持、宴席、内蔵縄麻呂、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました