万葉集 第19巻 4233番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4233番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4233番歌

第19巻
歌番号 4233番歌
作者 内蔵縄麻呂
題詞 于是諸人酒酣更深鶏鳴 因此主人内蔵伊美吉縄麻呂作歌一首
原文 打羽振 鶏者鳴等母 如此許 零敷雪尓 君伊麻左米也母
訓読 うち羽振き鶏は鳴くともかくばかり降り敷く雪に君いまさめやも
かな うちはぶき とりはなくとも かくばかり ふりしくゆきに きみいまさめやも
英語(ローマ字) UCHIHABUKI TORIHANAKUTOMO KAKUBAKARI FURISHIKUYUKINI KIMIIMASAMEYAMO
羽ばたいて鶏が鳴き、夜明けが近いことを告げているが、こんなにも降り積もった雪の中を、あなたはお帰りになるのでしょうか。
左注
校異
用語 天平勝宝3年1月3日、年紀、作者:内蔵縄麻呂、動物、宴席、挨拶、引き留め、後朝、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました