万葉集 第19巻 4142番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4142番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4142番歌

第19巻
歌番号 4142番歌
作者 大伴家持
題詞 二日攀柳黛思京師歌一首
原文 春日尓 張流柳乎 取持而 見者京之 大路所<念>
訓読 春の日に張れる柳を取り持ちて見れば都の大道し思ほゆ
かな はるのひに はれるやなぎを とりもちて みればみやこの おほちしおもほゆ
英語(ローマ字) HARUNOHINI HARERUYANAGIWO TORIMOCHITE MIREBAMIYAKONO OHOCHISHIOMOHOYU
春の日に芽吹いてきてぴんと張った柳の葉のついた小枝を折り取って眺めていると、活発に動き出した都大路が思い起こされる。
左注 思 念 [元][類]
校異
用語 天平勝宝2年3月2日、年紀、作者:大伴家持、望郷、植物、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました