万葉集 第19巻 4245番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4245番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4245番歌

第19巻
歌番号 4245番歌
作者 作者不詳
題詞 天平五年贈入唐使歌一首[并短歌] [作主未詳]
原文 虚見都 山跡乃國 青<丹>与之 平城京師由 忍照 難波尓久太里 住吉乃 三津尓<舶>能利 直渡 日入國尓 所遣 和我勢能君乎 懸麻久乃 由々志恐伎 墨吉乃 吾大御神 舶乃倍尓 宇之波伎座 船騰毛尓 御立座而 佐之与良牟 礒乃埼々 許藝波底牟 泊々尓 荒風 浪尓安波世受 平久 率而可敝理麻世 毛等能國家尓
訓読 そらみつ 大和の国 あをによし 奈良の都ゆ おしてる 難波に下り 住吉の 御津に船乗り 直渡り 日の入る国に 任けらゆる 我が背の君を かけまくの ゆゆし畏き 住吉の 我が大御神 船の舳に 領きいまし 船艫に み立たしまして さし寄らむ 礒の崎々 漕ぎ泊てむ 泊り泊りに 荒き風 波にあはせず 平けく 率て帰りませ もとの朝廷に
かな そらみつ やまとのくに あをによし ならのみやこゆ おしてる なにはにくだり すみのえの みつにふなのり ただわたり ひのいるくにに まけらゆる わがせのきみを かけまくの ゆゆしかしこき すみのえの わがおほみかみ ふなのへに うしはきいまし ふなともに みたたしまして さしよらむ いそのさきざき こぎはてむ とまりとまりに あらきかぜ なみにあはせず たひらけく ゐてかへりませ もとのみかどに
英語(ローマ字) SORAMITSU YAMATONOKUNI AWONIYOSHI NARANOMIYAKOYU OSHITERU NANIHANIKUDARI SUMINOENO MITSUNIFUNANORI TADAWATARI HINOIRUKUNINI MAKERAYURU WAGASENOKIMIWO KAKEMAKUNO YUYUSHIKASHIKOKI SUMINOENO WAGAOHOMIKAMI FUNANOHENI USHIHAKIIMASHI FUNATOMONI MITATASHIMASHITE SASHIYORAMU ISONOSAKIZAKI KOGIHATEMU TOMARITOMARINI ARAKIKAZE NAMINIAHASEZU TAHIRAKEKU ゐTEKAHERIMASE MOTONOMIKADONI
大和の国奈良の都から難波に下って、住吉の御津で船に乗る。そしてまっすぐ海を渡り、日の入る国唐に赴くよう任ぜられた、遣唐使の君よ。口にするのも恐れ多い住吉大社の我らが大御神、船の舳先(へさき)を支配なさるべく艫(とも)にお立ちになって、船の立ち寄る磯の崎々へ安全にお泊め下さいませ。停泊する崎々で暴風や荒波に遇わせることなく、どうか平穏に帰ってきて、もとの都に戻れるよう、お導き下さい。
左注 (右件歌者傳誦之人越中大目高安倉人種麻呂是也 但年月次者随聞之時載於此焉)
校異 舟 丹 [西(訂正)][元][文][紀] / 船 舶 [元][文][紀]
用語 天平5年、年紀、遣唐使、枕詞、地名、大阪、儀礼歌、道行き、祈願、餞別、出発、羈旅、伝誦、高安種麻呂、天平勝宝3年
タイトルとURLをコピーしました