万葉集 第19巻 4144番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4144番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4144番歌

第19巻
歌番号 4144番歌
作者 大伴家持
題詞 見歸鴈歌二首
原文 燕来 時尓成奴等 鴈之鳴者 本郷思都追 雲隠喧
訓読 燕来る時になりぬと雁がねは国偲ひつつ雲隠り鳴く
かな つばめくる ときになりぬと かりがねは くにしのひつつ くもがくりなく
英語(ローマ字) TSUBAMEKURU TOKININARINUTO KARIGANEHA KUNISHINOHITSUTSU KUMOGAKURINAKU
燕がやってくる時節になった。雁は自分の国を思い起こしながら遙か彼方を雲隠れしながら鳴いている。
左注
校異
用語 天平勝宝2年3月2日、年紀、作者:大伴家持、動物、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました