万葉集 第19巻 4175番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4175番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4175番歌

第19巻
歌番号 4175番歌
作者 大伴家持
題詞 詠霍公鳥二首
原文 霍公鳥 今来喧曽<无> 菖蒲 可都良久麻泥尓 加流々日安良米也 [毛能波三箇辞闕之]
訓読 霍公鳥今来鳴きそむあやめぐさかづらくまでに離るる日あらめや [毛能波三箇辞闕之]
かな ほととぎす いまきなきそむ あやめぐさ かづらくまでに かるるひあらめや
英語(ローマ字) HOTOTOGISU IMAKINAKISOMU AYAMEGUSA KADURAKUMADENI KARURUHIARAMEYA
ホトトギスが今やって来て鳴き始めた。アヤメグサを髪飾りにする時節(五月)までいなくなるなんてあるものか。
左注
校異 無 无 [元][類]
用語 天平勝宝2年、年紀、作者:大伴家持、動物、植物、高岡、富山、恋情
タイトルとURLをコピーしました