万葉集 第19巻 4159番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4159番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4159番歌

第19巻
歌番号 4159番歌
作者 大伴家持
題詞 季春三月九日擬出擧之政行於舊江村道上属目物花之詠并興中所作之歌 / 過澁谿埼見巌上樹歌一首 [樹名都萬麻]
原文 礒上之 都萬麻乎見者 根乎延而 年深有之 神<左>備尓家里
訓読 礒の上のつままを見れば根を延へて年深からし神さびにけり
かな いそのうへの つままをみれば ねをはへて としふかからし かむさびにけり
英語(ローマ字) ISONOUHENO TSUMAMAWOMIREBA NEWOHAHETE TOSHIFUKAKARASHI KAMUSABINIKERI
磯の上のツママの木は見るからに根を長く張って、何年も経っているらしい。神々しいまでに古びているなあ。
左注
校異 佐 左 [元][類][古]
用語 天平勝宝2年3月9日、年紀、作者:大伴家持、植物、土地讃美、氷見、富山、寿歌、出挙、部内巡行
タイトルとURLをコピーしました