万葉集 第19巻 4158番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4158番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4158番歌

第19巻
歌番号 4158番歌
作者 大伴家持
題詞 (潜鵜歌一首[并短歌])
原文 毎年尓 鮎之走婆 左伎多河 鵜八頭可頭氣C 河瀬多頭祢牟
訓読 年のはに鮎し走らば辟田川鵜八つ潜けて川瀬尋ねむ
かな としのはに あゆしはしらば さきたかは うやつかづけて かはせたづねむ
英語(ローマ字) TOSHINOHANI AYUSHIHASHIRABA SAKITAKAHA UYATSUKADUKETE KAHASETADUNEMU
毎年春になって辟田(さきた)川に鮎が走るようなら、たくさんの鵜を潜らせてこの川瀬にやってこよう。
左注
校異 歌 [西][細] 謌
用語 天平勝宝2年3月8日、年紀、作者:大伴家持、鵜飼い、地名、能登、富山、鵜飼い
タイトルとURLをコピーしました