万葉集 第19巻 4272番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4272番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4272番歌

第19巻
歌番号 4272番歌
作者 大伴家持
題詞 (十一月八日在於左大臣橘朝臣宅肆宴歌四首)
原文 天地尓 足之照而 吾大皇 之伎座婆可母 樂伎小里
訓読 天地に足らはし照りて我が大君敷きませばかも楽しき小里
かな あめつちに たらはしてりて わがおほきみ しきませばかも たのしきをさと
英語(ローマ字) AMETSUCHINI TARAHASHITERITE WAGAOHOKIMI SHIKIMASEBAKAMO TANOSHIKIWOSATO
天地をあまねく照らして大君が治めていらっしゃるからか、この里も楽しく平穏でございます。
左注 右一首少納言大伴宿祢家持 [未奏]
校異
用語 天平勝宝4年11月8日、年紀、作者:大伴家持、未奏、橘諸兄、宴席、肆宴、大君讃美
タイトルとURLをコピーしました