万葉集 第19巻 4181番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4181番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4181番歌

第19巻
歌番号 4181番歌
作者 大伴家持
題詞 (不飽感霍公鳥之情述懐作歌一首[并短歌])反歌三首
原文 左夜深而 暁月尓 影所見而 鳴霍公鳥 聞者夏借
訓読 さ夜更けて暁月に影見えて鳴く霍公鳥聞けばなつかし
かな さよふけて あかときつきに かげみえて なくほととぎす きけばなつかし
英語(ローマ字) SAYOFUKETE AKATOKITSUKINI KAGEMIETE NAKUHOTOTOGISU KIKEBANATSUKASHI
夜が更け渡って明け方に出ている月に影が映し出されて鳴くホトトギス、それを聞いていると興が尽きない。
左注
校異
用語 天平勝宝2年4月、年紀、作者:大伴家持、動物、懐旧、恋情、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました