万葉集 第19巻 4180番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4180番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4180番歌

第19巻
歌番号 4180番歌
作者 大伴家持
題詞 不飽感霍公鳥之情述懐作歌一首[并短歌]
原文 春過而 夏来向者 足桧木乃 山呼等余米 左夜中尓 鳴霍公鳥 始音乎 聞婆奈都可之 菖蒲 花橘乎 貫交 可頭良久麻<泥>尓 里響 喧渡礼騰母 尚之努波由
訓読 春過ぎて 夏来向へば あしひきの 山呼び響め さ夜中に 鳴く霍公鳥 初声を 聞けばなつかし あやめぐさ 花橘を 貫き交へ かづらくまでに 里響め 鳴き渡れども なほし偲はゆ
かな はるすぎて なつきむかへば あしひきの やまよびとよめ さよなかに なくほととぎす はつこゑを きけばなつかし あやめぐさ はなたちばなを ぬきまじへ かづらくまでに さととよめ なきわたれども なほししのはゆ
英語(ローマ字) HARUSUGITE NATSUKIMUKAHEBA ASHIHIKINO YAMAYOBITOYOME SAYONAKANI NAKUHOTOTOGISU HATSUKOゑWO KIKEBANATSUKASHI AYAMEGUSA HANATACHIBANAWO NUKIMAJIHE KADURAKUMADENI SATOTOYOME NAKIWATAREDOMO NAHOSHISHINOHAYU
春過ぎて夏がやって来ると、山々にこだまし、響き渡るほど夜中じゅう鳴き続けるホトトギス。その初声を聞くとなつかしくてたまらない。アヤメグサや花橘を薬玉に通して髪飾りにする五月まで、里じゅう響かせて鳴くけれど、それでもホトトギス、お前の声は飽きない。
左注
校異 面 泥 [元][類]
用語 天平勝宝2年4月、年紀、作者:大伴家持、動物、懐旧、恋情、植物、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました