万葉集 第19巻 4201番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4201番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4201番歌

第19巻
歌番号 4201番歌
作者 久米広縄
題詞 (十二日遊覧布勢水海船泊於多<I>灣望<見>藤花各述懐作歌四首)
原文 伊佐左可尓 念而来之乎 多I乃浦尓 開流藤見而 一夜可經
訓読 いささかに思ひて来しを多胡の浦に咲ける藤見て一夜経ぬべし
かな いささかに おもひてこしを たこのうらに さけるふぢみて ひとよへぬべし
英語(ローマ字) ISASAKANI OMOHITEKOSHIWO TAKONOURANI SAKERUFUDIMITE HITOYOHENUBESHI
さほどでもあるまいと思ってやって来たが、多胡の浦に咲く藤に見ほれて一夜が過ぎていく。
左注 判官久米朝臣廣縄
校異
用語 天平勝宝2年4月12日、年紀、作者:久米広縄、地名、氷見、富山、遊覧、土地讃美
タイトルとURLをコピーしました