万葉集 第19巻 4202番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4202番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4202番歌

第19巻
歌番号 4202番歌
作者 久米継麻呂
題詞 (十二日遊覧布勢水海船泊於多<I>灣望<見>藤花各述懐作歌四首)
原文 藤奈美乎 借廬尓造 灣廻為流 人等波不知尓 海部等可見良牟
訓読 藤波を仮廬に作り浦廻する人とは知らに海人とか見らむ
かな ふぢなみを かりいほにつくり うらみする ひととはしらに あまとかみらむ
英語(ローマ字) FUDINAMIWO KARIIHONITSUKURI URAMISURU HITOTOHASHIRANI AMATOKAMIRAMU
(停泊している船を)藤で飾って仮の宿として、浦巡りしているだけなのに、そんな私とは知らないで、人は漁師と見るだろうか。
左注 久米朝臣継麻呂
校異
用語 天平勝宝2年4月12日、年紀、作者:久米継麻呂、植物、遊覧、氷見、富山
タイトルとURLをコピーしました