万葉集 第19巻 4289番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4289番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4289番歌

第19巻
歌番号 4289番歌
作者 大伴家持
題詞 二月十九日於左大臣橘家宴見攀折柳條歌一首
原文 青柳乃 保都枝与治等理 可豆良久波 君之屋戸尓之 千年保久等曽
訓読 青柳の上枝攀ぢ取りかづらくは君が宿にし千年寿くとぞ
かな あをやぎの ほつえよぢとり かづらくは きみがやどにし ちとせほくとぞ
英語(ローマ字) AWOYAGINO HOTSUEYODITORI KADURAKUHA KIMIGAYADONISHI CHITOSEHOKUTOZO
青柳の上枝を折り取って髪にさして飾りにするのは、こうしてあなた様の庭に集まって、千年の後までも栄えんことを願っているからでございましょう。
左注
校異
用語 天平勝宝5年2月19日、年紀、作者:大伴家持、宴席、橘諸兄、植物、寿歌
タイトルとURLをコピーしました