万葉集 第19巻 4223番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4223番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4223番歌

第19巻
歌番号 4223番歌
作者 大伴家持
題詞 (九月三日宴歌二首)
原文 安乎尓与之 奈良比等美牟登 和我世故我 之米家牟毛美知 都知尓於知米也毛
訓読 あをによし奈良人見むと我が背子が標けむ紅葉地に落ちめやも
かな あをによし ならひとみむと わがせこが しめけむもみち つちにおちめやも
英語(ローマ字) AWONIYOSHI NARAHITOMIMUTO WAGASEKOGA SHIMEKEMUMOMICHI TSUCHINIOCHIMEYAMO
奈良人(あなたの奥様)に見せようと貴君が目星をつけたモミジだもの、よもや地に落ちることがありましょうか。
左注 右一首守大伴宿祢家持作之
校異
用語 天平勝宝2年9月3日、年紀、作者:大伴家持、枕詞、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました