万葉集 第19巻 4231番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4231番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4231番歌

第19巻
歌番号 4231番歌
作者 久米広縄
題詞 于時積雪彫成重巌之起奇巧綵發草樹之花 属此<掾>久米朝臣廣縄作歌一首
原文 奈泥之故波 秋咲物乎 君宅之 雪巌尓 左家理家流可母
訓読 なでしこは秋咲くものを君が家の雪の巌に咲けりけるかも
かな なでしこは あきさくものを きみがいへの ゆきのいはほに さけりけるかも
英語(ローマ字) NADESHIKOHA AKISAKUMONOWO KIMIGAIHENO YUKINOIHAHONI SAKERIKERUKAMO
ナデシコは秋に咲く花といいますが、あなたの家の雪の岩に咲いていますね。
左注
校異 様 掾 [元][文][紀]
用語 天平勝宝3年1月3日、年紀、作者:久米広縄、植物、宴席、見立て、内蔵縄麻呂、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました