万葉集 第19巻 4251番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4251番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4251番歌

第19巻
歌番号 4251番歌
作者 大伴家持
題詞 五日平旦上道 仍國司次官已下諸僚皆共視送 於時射水郡大領安努君廣嶋 門前之林中預設<餞饌>之宴 于<此>大帳使大伴宿祢家持和内蔵伊美吉縄麻呂捧盞之歌一首
原文 玉桙之 道尓出立 徃吾者 公之事跡乎 負而之将去
訓読 玉桙の道に出で立ち行く我れは君が事跡を負ひてし行かむ
かな たまほこの みちにいでたち ゆくわれは きみがこととを おひてしゆかむ
英語(ローマ字) TAMAHOKONO MICHINIIDETACHI YUKUWAREHA KIMIGAKOTOTOWO OHITESHIYUKAMU
都に出発する私はあなたがたの業績を携えて行きましょう。
左注
校異 饌餞 餞饌 [元][類] / 時 此 [元][類]
用語 天平勝宝3年8月5日、年紀、作者:大伴家持、餞別、出発、羈旅、悲別、枕詞、内蔵縄麻呂、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました