万葉集 第19巻 4199番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4199番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4199番歌

第19巻
歌番号4199番歌
作者大伴家持
題詞十二日遊覧布勢水海船泊於多<I>灣望<見>藤花各述懐作歌四首
原文藤奈美<乃> 影成海之 底清美 之都久石乎毛 珠等曽吾見流
訓読藤波の影なす海の底清み沈く石をも玉とぞ我が見る
かなふぢなみの かげなすうみの そこきよみ しづくいしをも たまとぞわがみる
英語(ローマ字)FUDINAMINO KAGENASUUMINO SOKOKIYOMI SHIDUKUISHIWOMO TAMATOZOWAGAMIRU
波打つ藤が湖底にくっきり写っている。それほど湖底が透明で清らかなので、沈んでいる石まで真珠に見える。
左注守大伴宿祢家持
校異祐 I [元][文][紀][温] / 月 見 [西(訂正右書)][元][文][紀] / 能 乃 [元][類]
用語天平勝宝2年4月12日、年紀、作者:大伴家持、遊覧、氷見、富山、植物、土地讃美
タイトルとURLをコピーしました