万葉集 第19巻 4200番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4200番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4200番歌

第19巻
歌番号 4200番歌
作者 内蔵縄麻呂
題詞 (十二日遊覧布勢水海船泊於多<I>灣望<見>藤花各述懐作歌四首)
原文 多I乃浦能 底左倍尓保布 藤奈美乎 加射之C将去 不見人之為
訓読 多胡の浦の底さへにほふ藤波をかざして行かむ見ぬ人のため
かな たこのうらの そこさへにほふ ふぢなみを かざしてゆかむ みぬひとのため
英語(ローマ字) TAKONOURANO SOKOSAHENIHOFU FUDINAMIWO KAZASHITEYUKAMU MINUHITONOTAME
多胡の浦の底まで映し出す波打つ藤、髪にかざしていきましょう。まだ見ない人のために。
左注 次官内蔵忌寸縄麻呂
校異
用語 天平勝宝2年4月12日、年紀、作者:内蔵縄麻呂、遊覧、氷見、富山、植物、地名
タイトルとURLをコピーしました