万葉集 第19巻 4197番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4197番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4197番歌

第19巻
歌番号 4197番歌
作者 大伴家持
題詞 贈京人歌二首
原文 妹尓似 草等見之欲里 吾標之 野邊之山吹 誰可手乎里之
訓読 妹に似る草と見しより我が標し野辺の山吹誰れか手折りし
かな いもににる くさとみしより わがしめし のへのやまぶき たれかたをりし
英語(ローマ字) IMONINIRU KUSATOMISHIYORI WAGASHIMESHI NOHENOYAMABUKI TAREKATAWORISHI
彼女(妻)に似ている草だと思って目星をつけておいた野辺の山吹、誰が手折ってしまったのだろう。
左注 (右為贈留女之女郎所誂家婦作也 [女郎者即大伴家持之妹])
校異
用語 天平勝宝2年4月、年紀、作者:大伴家持、植物、留女女郎、家持妹、坂上大嬢、代作、高岡、富山
タイトルとURLをコピーしました