万葉集 第19巻 4244番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4244番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4244番歌

第19巻
歌番号 4244番歌
作者 藤原清河
題詞 大使藤原朝臣清河歌一首
原文 荒玉之 年緒長 吾念有 兒等尓可戀 月近附奴
訓読 あらたまの年の緒長く我が思へる子らに恋ふべき月近づきぬ
かな あらたまの としのをながく あがもへる こらにこふべき つきちかづきぬ
英語(ローマ字) ARATAMANO TOSHINOWONAGAKU AGAMOHERU KORANIKOFUBEKI TSUKICHIKADUKINU
まだまだ先のことと思っていた月日が過ぎ、皆様方が恋しくてならなくなるだろう、出発の日が近づいてきました。
左注 (右件歌者傳誦之人越中大目高安倉人種麻呂是也 但年月次者随聞之時載於此焉)
校異
用語 天平5年、年紀、作者:藤原清河、遣唐使、餞別、宴席、出発、羈旅、枕詞、悲別、恋情、伝誦、高安種麻呂、高岡、富山、天平勝宝3年
タイトルとURLをコピーしました