万葉集 第19巻 4286番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4286番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4286番歌

第19巻
歌番号 4286番歌
作者 大伴家持
題詞 (十一日大雪落積尺有二寸 因述拙懐<歌>三首)
原文 御苑布能 竹林尓 鴬波 之波奈吉尓之乎 雪波布利都々
訓読 御園生の竹の林に鴬はしば鳴きにしを雪は降りつつ
かな みそのふの たけのはやしに うぐひすは しばなきにしを ゆきはふりつつ
英語(ローマ字) MISONOFUNO TAKENOHAYASHINI UGUHISUHA SHIBANAKINISHIWO YUKIHAFURITSUTSU
皇居の庭に生えている竹林でウグイスがしきりに鳴いていたのに、雪は依然として降り続いている。
左注
校異 波 [元] 伎
用語 天平勝宝5年1月11日、年紀、作者:大伴家持、動物、叙景
タイトルとURLをコピーしました