万葉集 第19巻 4287番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4287番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4287番歌

第19巻
歌番号 4287番歌
作者 大伴家持
題詞 (十一日大雪落積尺有二寸 因述拙懐<歌>三首)
原文 鴬能 鳴之可伎都尓 <々>保敝理之 梅此雪尓 宇都呂布良牟可
訓読 鴬の鳴きし垣内ににほへりし梅この雪にうつろふらむか
かな うぐひすの なきしかきつに にほへりし うめこのゆきに うつろふらむか
英語(ローマ字) UGUHISUNO NAKISHIKAKITSUNI NIHOHERISHI UMEKONOYUKINI UTSUROFURAMUKA
大宮の垣内でウグイスが鳴いていたし、咲いていた梅もこの雪で散ってしまっただろうか。
左注
校異 尓 々 [元][類][紀]
用語 天平勝宝5年1月11日、年紀、作者:大伴家持、動物、植物
タイトルとURLをコピーしました