万葉集 第19巻 4268番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4268番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4268番歌

第19巻
歌番号 4268番歌
作者 孝謙天皇
題詞 天皇太后共幸於大納言藤原家之日黄葉澤蘭一株拔取令持内侍佐々貴山君遣賜大納言藤原卿并陪従大夫等御歌一首 命婦誦曰
原文 此里者 継而霜哉置 夏野尓 吾見之草波 毛美知多里家利
訓読 この里は継ぎて霜や置く夏の野に我が見し草はもみちたりけり
かな このさとは つぎてしもやおく なつののに わがみしくさは もみちたりけり
英語(ローマ字) KONOSATOHA TSUGITESHIMOYAOKU NATSUNONONI WAGAMISHIKUSAHA MOMICHITARIKERI
この里は続いて霜が降りるのでしょうか。夏に私が見た、サワヒヨドリはもう黄葉している。
左注
校異 太 [類] 大
用語 天平勝宝4年、年紀、作者:孝謙天皇、佐々貴山君、誦詠、行幸、光明皇后、藤原仲麻呂、植物、贈答
タイトルとURLをコピーしました