万葉集 第19巻 4267番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4267番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第19巻 4267番歌

第19巻
歌番号 4267番歌
作者 大伴家持
題詞 (為應詔儲作歌一首[并短歌])反歌一首
原文 須賣呂伎能 御代万代尓 如是許曽 見為安伎良目<米> 立年之葉尓
訓読 天皇の御代万代にかくしこそ見し明きらめめ立つ年の端に
かな すめろきの みよよろづよに かくしこそ めしあきらめめ たつとしのはに
英語(ローマ字) SUMEROKINO MIYOYORODUYONI KAKUSHIKOSO MESHIAKIRAMEME TATSUTOSHINOHANI
すめろぎ(天皇)の御代がいついつまでも続き、このような宴をお開きになって御心を晴れやかにされようぞ、年が改まるたびに。
左注 右二首大伴宿祢家持作之
校異 <> 米 [西(右書)][類][古][紀]
用語 天平勝宝4年、年紀、作者:大伴家持、儲作、予作、応詔、儀礼歌、大君讃美、寿歌
タイトルとURLをコピーしました