万葉集 第19巻 4184番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第19巻4184番歌はこちらにまとめました。

第19巻 4184番歌

第19巻
歌番号 4184番歌
作者 留女女郎
題詞 従京師贈来歌一首
原文 山吹乃 花執持而 都礼毛奈久 可礼尓之妹乎 之努比都流可毛
訓読 山吹の花取り持ちてつれもなく離れにし妹を偲ひつるかも
かな やまぶきの はなとりもちて つれもなく かれにしいもを しのひつるかも
英語(ローマ字) YAMABUKINO HANATORIMOCHITE TSUREMONAKU KARENISHIIMOWO SHINOHITSURUKAMO
山吹の花を手に持って軽々しく彼女を残していったあなた。その彼女が思いやられて仕方がありませんわ。
左注 右四月五日従留女之女郎所送也
校異 女之 [類] 京
用語 天平勝宝2年4月5日、年紀、作者:留女女郎、家持妹、大伴家持、贈答、坂上大嬢、恋情、富山、高岡
タイトルとURLをコピーしました